ヴィトン買取の専門店 BRAND FUN (ブランドファン)
ヴィトン買取の専門店 BRAND FUN (ブランドファン)

fun買取専門店のTV出演キャンペーン

ヴィンテージ、B品、傷物の相場上昇中!!

買取業界No.1のスピード査定、そして業界No.1レベルの高額買取に挑戦致します!

買取業界No.1のスピード査定、そして業界No.1レベルの高額買取に挑戦致します!
高価で買取できる商品の一例
高価で買取できる商品の一例
詳しいヴィトン買取の金額はこちらをご覧ください
  • ヴィトンのバッグも買取しています
  • ヴィトンの財布も買取しています
  • ヴィトンの洋服も買取しています
  • ヴィトンの靴も買取しています
  • ヴィトンの時計も買取しています
  • ヴィトンのアクセサリーも買取しています
---
過去の買取実績

お客様に満足して頂けるような高値での買取を、ブランドファンは常に心がけています。
下記に並べました商品以外でも、気になる買取金額の品物がありましたらお気軽にご連絡下さい。

  • 相場: ベルクログラフィティーハイカットスニーカー
    ベルクログラフィティーハイカットスニーカー

    75,000円

  • 相場: M40156 ネヴァーフ MM
    ルイヴィトン
    M40156 ネヴァーフ MM

    80,000円

  • 相場: Q93003
    ルイヴィトン
    Q93003

    300,000円

  • 相場: キーホルダー
    ルイヴィトン
    キーホルダー

    13,000円

  • 相場: グランドバーグ
    ルイヴィトン グランドバーグ

    200,000円

  • 相場: コート
    ルイヴィトン
    コート

    50,000円

  • 相場: ストール
    ルイヴィトン
    ストール

    20,000円

  • 相場: ダミエ  カバリヴィントン N41108
    ルイヴィトン ダミエ
    カバリヴィントン N41108

    100,000円

  • 相場: タンブール LVカップ レガッタ Q1021
    ルイヴィトン タンブール LVカップ レガッタ Q1021

    350,000円

  • ヴィトン買取相場: ベルト
    ルイヴィトン
    ベルト

    20,000円

  • 相場: ボールペン
    ルイヴィトン
    ボールペン

    10,000円

  • 相場: ポルトフォイユ エリゼ M60362 財布
    ルイヴィトンモノグラム
    ポルトフォイユ エリゼ M60362 財布

    40,000円

  • 相場: ロングブーツ モノグラム ミニラン
    ルイヴィトン
    ロングブーツ モノグラム ミニラン

    30,000円

  • ヴィトン買取相場: ダミエ グラフィット タダオ トートバッグ
    ルイヴィトン ダミエ
    グラフィット タダオ
    トートバッグ

    140,000円

  • 相場: ネクタイ
    ルイヴィトン ネクタイ

    10,000円

//

/

ヴィトン買取の口コミ・評判(カスタマーレビュー)

1.★★★★★

ヴィトン愛用者の主婦です。新作のヴィトンのキャリーバッグがどうしても欲しくて大切なコレクションを何点かヴィトン買取に出して資金にしようと考え、ヴィトン買取専門店のブランドファンのお世話になりました。
ヴィトンの売却は今までも何度かしたことがあるんですが、ブランドファンの買取価格には大満足です。他の買取専門店とくらべても高いし接客も丁寧で信頼できるという印象を受けました。今後もヴィトンを売却する際は是非とも利用させてもらいますので宜しくお願いいたします。

2.★★★★☆

某オークションサイトで購入したヴィトンのバックを買取してもらいました。オークションで購入したものだし、保証書はついていても高値では買い取ってもらえないだろうなぁ。と予想していたんですが経験のある鑑定スタッフさんがきちんと鑑定をしてくださり、正当な買取金額を出してくれました。
期待していなかっただけに嬉しかったです。ヴィトンの買取をお考えの方は一度見てもらう価値はあると思いますよ。

3.★★★☆☆

先日、学生の頃に使っていたヴィトンのモノグラムのバッグを買取してもらいました。使用感はありますが割りと綺麗に使っていました。底が擦れているという理由で査定額が下がってしまったのが少し残念です。
でもこれを機にもっと物を大切に使おうって気持ちになったので結果的にOKですかね。店員さんからも少しでも高く買い取ろうとする姿勢が見えたのは凄く良かったです。

4.★★★★★

ヴィトン買取ってどこも同じような値段なんでしょ?って思って今までは近くのリサイクルショップに買取してもらっていました。ところが、知人にブランドファンを教えてもらって実際に買取査定をしてもらった所、リサイクルショップと天と地の差ほどの買取額がついてびっくり仰天しました。
買取店によってこんなにも金額に差があるとは思ってもいませんでした!やっぱり餅は餅屋。ヴィトンはヴィトン買取専門店にお願いするのが一番ですね。みなさんにも自信をもってオススメできます!

5.★★★★☆

大量のアイテム(約20点)をヴィトン買取してもらおうおと買取店を5店舗ほどを比べました。その中でも1番高い査定額をつけてくれたのがブランドファン様でした。
最初から1番高い所に買い取ってもらおうと決めていたので迷わずヴィトンコレクションを全て買い取りしてもらいました。
しかもまとめ売りのサービスまでしてくれましたし、親切で丁寧な接客も凄く素晴らしかったです。ヴィトンのアイテムがたまったらまた利用させて頂きます。

ヴィトン買取関連の豆知識

1854年、世界初となる旅行用鞄の専門店として創業したルイヴィトン(Louis Vuitton Malletier)。
現在ではアクセサリーやバッグ、香水などさまざまな部門に展開していますが、そのように拡大されたのは20世紀になってからのことです。
1867年に万国博覧会で銅メダルを獲得し、ルイヴィトンは世界的に有名になりました。バッグ製作としての洗練されたデザインとトランクの上から布地を貼るという画期的な技術を駆使し、数々の名作バッグを世に送り出しました。
ルイヴィトンの代表作になっているベージュと茶褐色のチェス盤にルイヴィトンのロゴが入ったダミエ・ラインと呼ばれるデザインは1889年のパリ万国博覧会で金賞を受賞しました。

その後、モノグラム・ラインと呼ばれる布地を発表し、さまざまなシンボルとともにLVのロゴを大胆に散りばめたその模様は、バッグだけでなく財布や装飾品などに使用され、ルイヴィトンの代名詞となっています。
実際は、布地を貼るという手法はコピーがしやすく、この人気とともに模倣品が多く出回ったのを防ぐという意味でモノグラム・ラインは発表されたのです。

シックで嫌味のない色合いのモノグラム・ライン人気はヨーロッパだけでなく、アメリカへも進出。
人気を博し日本でも幅広い層から絶大な支持を得るようになりました。毎年発表される斬新なデザインのバッグは、世界中のセレブから愛されています。

買取市場において、ルイヴィトンのバッグはどの商品においても非常に人気が高く、需要も多いので、最高級のブランド製品として常に高額な買取価格が期待できます。ヴィトン買取に出しても価格は高めです。
人気は「メニルモンタン」や「ティヴォリ」、「トータリー」などがあり、またトラベルバッグとしての大型鞄も大変需要があります。

高いファッション性とビジネスを成功させているヴィトン

世界には、多くのファッションセンスのある人達を惹きつけて離さないファッションブランドがありますが、その中でも格上の存在感をファッション業界で持ち続けているといえるのがヴィトンで、街で身につけている人を多く見かけるほど日本でも愛好者は非常に多いブランドです。
このファッションブランドが他とは大きく違う特徴として、旅をテーマにデザインされているということがあります。
気に入ってよく身につけてもらっているユーザーにとって、古くからある旅行用のカバン屋でありたいという意識が非常にあるため、商品の丈夫さであったり品質などへの強いこだわりは当然ありながらも、楽しく旅をする人達の手助けをしたいという思いを忘れずに持ち続けています。
そのため様々な旅を感じさせるテーマを、身につけているユーザーにしっかりアピールしていることもよく知られていることです。
ファッションブランドとしてきちんと世界中に愛してくれるユーザーをどんどん増やすというビジネスの面も持ち続けてながらも、ヴィトンっぽさをけっして失わないようにするという高いファッション性と、ビジネスを成功させるというテクニックを併せ持つというところが、他のファッションブランドとは大きく違う強力なブランド力を持ち続けることができているという理由になっています。
言葉で言ってしまえば非常に容易いことに聞こえますが、実際にきちんと何年もその通りに作り続けるということは簡単ではなく本当に難しいことで、その難しいことを昔からずっとやり続けている結果として、人気をまったく失うことなく新たな愛着をもってくれるユーザーを年々増やしていっているという事実は、非常に素晴らしいこととして、多くのファッション関係者から称えられています。

ルイ・ヴィトンのモノグラムに関する興味深いエピソード

フランスのファッションブランド、ルイ・ヴィトンの代名詞は、シンボルマークの「LV」が描かれたモノグラムです。
ルイ・ヴィトンのモノグラムは誰もが知っていると言っても過言ではないほど世界的に有名ですが、実は、このモノグラムの誕生には興味深いエピソードがあります。

ルイ・ヴィトンの創業は1854年です。
世界初の旅行用鞄の専門店としてパリに創業しました。
創業当時のブランドの特徴は、灰色のキャンバス地で覆われたトランクを販売していた事です。

世界的な名声を得たのは、1867年に開催されたパリ万国博覧会の影響です。
ここで銅メダルを獲得します。
その後、世界各国の王室から注文を受けるようになりました。

ただ、世界的にヒットするとコピー商品が出回るようになりました。
その対策として1872年、従来とは異なるベージュと赤の2色の布地を使うようになりました。
しかし、これもまたすぐにコピー商品が出回ってしまったのです。

そこで1888年、新たなコピー商品対策として、チェス盤を模したベージュと茶褐色の格子柄にルイ・ヴィトンの銘が入ったダミエ・ラインを考案します。
しかし、ダミエ・ラインは商標登録されていたにもかかわらず、またコピー商品が出回ってしまったのです。

そうなると、またコピー商品対策をしなければならない事になります。
1896年、また新たなコピー商品対策を講じます。
それがモノグラムです。
つまりモノグラムは、長年にわたって繰り広げられた卑劣なコピー商品との争いの中で誕生した代物なのです。
もしかしたら、コピー商品に悩まされる事がなければモノグラムはこの世に存在しなかったのではないかと考えると、実に興味深く感じられます。

ちなみにモノグラムのデザインは、日本の家紋に触発されているとの事です。その事も興味深く感じられます。

ヴィトンのこだわりと魅力について

アパレルブランドで有名なのが、誰もが知るルイ・ヴィトンです。知らない人を見つけるのが難しいくらいその知名度は高く、日本人女性の約40%の人が
製品を持っているといわれています。これほどまで世間で知られている高級アパレルブランドは他には類のないです。

まさに不動の地位を築いており、他ブランドを寄せ付けない魅力を持っています。そして、伝統的な魅力と新しいモダンなテイストがマッチし、それまでにない鞄だけでなく、服や小物を扱いながらも魅力は崩れないのがすごいところです。特に、お店を開いたときからトランクの人気があり、偽物まで出始めるほどです。そして、常に偽物との戦いの中で、トップブランドとして成長してています。中でも注目したいのは、商品の拡張とデザインテイストの変革です。

ルイ・ヴィトンは、トランクのお店としてスタートし、着実にお客様からの信頼を得てきましたが、厳格なまでのこだわりと伝統を重んじる姿勢もあってデザインは地味だったと評価する人は多くいます。しかし、新しいデザイナーが起用され、商品が拡張されると、もともと持っているブランドの軸から外れがちですが、 ルイ・ヴィトンは、新しさを表現しつつも、らしさをしっかりと受け継いでいます。

そのため、創業以来から売上を上げるだけではなくブランドを守る仕組みを取り入れぶれない軸を持っているのもすごいところです。顧客は、老舗の旅行用鞄屋という認知があるため、丈夫さや品質へのこだわりだけでなく、旅する楽しみを演出することを忘れていません。様々なPRも旅を感じさえるテーマとして見受けられます。ビジネスとして拡張しながらもルイ・ヴィトンらしさを外さないその難しさをやり遂げているところにすごさを感じます。

ルイヴィトンの簡単な鑑定方法

ルイヴィトンは昔から人気が衰えない定番のブランドです。それゆえに、市場にはルイヴィトンの模造品が数多く出回っています。せっかく高いお金を払って購入したのに、それがコピー品だったらがっかりしますよね。
さらにコピー品をということで簡単に本物と見分けることが出来る鑑定方法を紹介します。まず注目する点はボタンの凸部分です。横から見ると判別しやすいのですが、コピー品は先が丸いのに対して本物は丸みの中にシャープさがあってすっきりしています。また、コピー品はボタンの表面部分がかなり雑な仕上がりであることも判別のポイントです。次に注目するのはブランドの刻印です。
コピーライトの大きさやバランス、ロゴの部分が不鮮明で塗料が滲んでいるかどうかなどから見分けることが出来ます。
本物の刻印はしっかり入っているのですが、コピー品の場合は滲んでたりかすれてたりしていることが多いです。他に注目する部分は縫製部分です。コピー品は縫い目の表と裏が違うことがあり、表から見る分には綺麗に見えても裏側が雑に縫われているときは簡単に判別出来ます。
あと、内側の縫製ではファスナーエンドの処理部分を見て、コピー品の場合一目で見て分かるほどに雑に処理されていたりします。コピー品は本物と比べて至る所で雑に処理されていることがあるので、そこに気をつけて注目すればコピー品かどうか見分けられます。ルイヴィトンは歴史ある有名ブランドというだけあって値段も高く、気軽に買えるものではありません。
そのような高い買い物でコピー品を騙されて買ってしまってはせっかくの気分も台無しです。是非とも今回紹介したような鑑定方法を使用して慎重に買い物を楽しんでほしいと思います。

保管方法について

ヴィトンは日本においてもとても有名な高級ブランドの一つです。
ある程度年齢を重ねている人の中でこの名前を知らない人はおそらくいないといっても過言ではないはずです。
特に日本でこれだけ支持されるようになった理由のひとつとしては販売戦略の巧みさにあります。
ヴィトンの商品はセールで安く売ったりするようなことが無いため、その商品価値が下がるというようなことは無く、所謂定番品が多いため、長期間使っても古くなってしまうというようなことが無いのです。
こうったブランドのため、高値でヴィトン買取してもらう為にも正しい保管方法を知っておくことはとても大切なことです。
以下に保管方法についてまとめて行きます。
まず、ヴィトンを始めとした高級ブランドのバックはヨーロッパの気候に合わせて作られていることが多いです。
ヨーロッパの気候はどちらかといえばカラッとしている気候なので、高温多湿の日本の気候では考えて保管しないと痛みやすいということになります。
まず、バックを保管する際には適度な間隔をあけるようにして、空気の流れの良い上段部分に保存するようにします。
空気の流れが悪いとバック表面にカビが生えてしまう恐れがあります。
また、財布には適度な柔軟性が要求されます。
その為、財布に使用している財布は水分を吸収しやすい性質を持っているものが多いです。
先ほども書いたとおり、日本はヨーロッパに比べて湿気の多い気候であるため、この接着剤が水分を吸収してしまい、結果的にシミになってしまうというようなことがあります。
これを防ぐ方法としては、保管の際に乾燥剤を使用します。
購入した際には乾燥剤が入っているはずなので捨てずに取っておき、保管の際に使うようにします。
もちろん市販の乾燥剤でもオッケーです。

偽物と本物の見分け方

ルイ・ヴィトンは、日本で非常に人気のあるブランドですが、残念ながら偽物が出回っていることも事実です。
偽物はヴィトン買取でも買取りしてもらえません。そこで、偽物をつかまされないようにするためにも、偽物と本物の見分け方を知っておく必要があるといえます。
では、偽物と本物の見分け方とは、どのようなものでしょうか?
まず第一に、正規店で購入すれば、間違いありません。
そして、正規店で購入しないものについて、見分ける点はいろいろありますが、わかりやすい方法として2つあります。
ひとつは、シリアルナンバーです。
ルイ・ヴィトンの製品には必ずシリアルナンバーがあります。
そして、そのシリアルナンバーには、製造国と製造した月の意味が込められているのです。
しかしながら、シリアルナンバーも絶対的な見分け方ではありません。
偽物にもシリアルナンバーがついているものが出回っているからです。
そこでもうひとつの見分け方は、製品の作りです。
まずは、財布についているスナップボタンです。
本物は先端がとがっています。
また、ボタンのオモテ面にある「LOUIS VUITTON」の「I」の文字について、本物は、単純にただまっすぐ書かれていません。
どちらか一方の先端が細くなっています。
そして、ロゴ・ファスナーです。
 本物のロゴは、細やかに、そして、きれいに書かれています。
それに比べて偽物はプリントが雑で剥げやすいです。
以上、ルイ・ヴィトンの偽物と本物の見分け方について書いてきました。
しかし、1点だけで見極められるものではありません。
また、偽物でも精巧に作られているものがあることを考えると、素人が見極めるのはなかなか難しいものです。
そんな意味で、冒頭で書いたようにブランドは正規店で買う方が無難といえます。

ルイ・ヴィトンの良さとは

ルイ・ヴィトンは、日本において非常に人気のあるブランドといえます。
どこへ行ってもその製品を持つ人を見かけるほどです。
では、その良さとはどのようなものなのでしょうか。
このブランドは、もともと旅行で使うトランクを製造するところから歴史が始まります。
旅行で使うトランクですから、機能性・実用性として優れたものでないと使えません。そんな製錬された技術が、日々進化していき、今日まで様々な製品に引き継がれているのです。
ですから、この機能性・実用性というものが良さのひとつであるといえます。
それから旅行ということで、テーマが「旅」です。
そのテーマについてはぶれることなく、しかし、時代性を持ったデザインも忘れてはいません。
つまり、「旅」を軸にした伝統とモダンの融合がまさに魅力であるといえるのです。
機能性・実用性、そして、伝統とモダンの融合について、もっといえば、最高級の物を求めつつ、遊び心のある演出に挑戦するといってもいいでしょう。
そんな意味でワクワクするようなブランド、それが ルイ・ヴィトンの良さなのです。
さらに製品の種類の多さです。
性別や年齢を問わずに使用できるものがありますし、毎シーズン新しいコレクションが発表されますから、ますます注目を集めることになります。
冒頭でも書いたように、日本で財布やバッグを持つ人は多く、売り上げの6割はなんと日本で占めているとのことです。
その背景には、「みんなが持つから」という日本人ならではの気質も影響しているといえますが、みんなが持つからそれだけの価値があるということでもあります。
「旅」の伝統とモダンを融合した最高級の製品で、これからもルイ・ヴィトンは、日本のファンを魅了していくことでしょう。

ヴィトンが支持されている理由

ヴィトンは全世界で人気がありますが、特に日本での人気はすさまじいものがあります。
特に女性からの人気は世界一といっても良いはずです。
何しろ街中へ出てちょっと歩けば必ず一人はバックであったり財布であったりを持っている人とすれ違います。
おそらく日本の女性であれば一度は何かしらのアイテムを手にしているといっても過言では無いです。
女子高生からアラフォーの女性まで本当に幅広い年齢層の女性に支持されているブランドです。
これほどの人気の理由とはどういったところにあるのかをまとめていきます。
代表的な理由としてはデザインの良さであるとか、歴史がある確かな品質があるとか、というようなことが上げられるでしょうが、これは正直後付の理由であるといえます。
いくら優れたデザインの作品を作っていっても、それを売っていかなければ利益にはならないので、やはりヴィトンの人気の理由の一番の理由としては販売戦略という部分は切り離せないところがあります。
現在のようなブランド力になったのはベルナール氏に買収されたときからです。
まず、氏が取った戦略の一つは圧倒的なプレミアム間を演出するというようなところです。
例を挙げると、セールなどでの値引きが行われるというようなことは一切ありませんし、購入してもポイントが浮くというようなことも無いです。
また、商品券も使用することは出来ないです。
正規品は直営店でしか購入することは出来なくなっています。
他のブランドは百貨店お財布売り場などで売っていたりするのですが、ヴィトンの場合はそういった場所で売られていたりすることは絶対に無いです。
セールで安く売られたりする事が無いということは、購入した人はそれだけの価値のものを買ったのだという充足感を得ることが出来るのです。

ヴィトンを愛用する理由

有名ブランドは数多くありますが、伝統と品質の良さを兼ね備え、長い間人々に愛されるブランドはそう多くありません。
ルイ・ヴィトンは1800年台に創設されたフランスのブランドで、代表される商品はバッグや財布などの革製品です。
これらの商品以外に、アパレルやアクセサリー、腕時計、香水などの分野でも人気を誇っています。
ルイ・ヴィトンといえば、モノグラムのシリーズは誰でも知っているのではないでしょうか。
独特の文様が特徴のモノグラムは、日本の家紋がヒントになっていると言われています。
モノグラムの素材は、本革と塩化ビニールを合わせて加工され、防水性や温度変化などに優れていると言われています。
元々は茶系のカラーで商品が展開されていましたが、新しいデザイナーによる様々なカラーデザインの商品は販売され、これらも人気商品となっています。モノグラムと並んで人気があるのが、エピシリーズです。
エピは本革にライン状の型押しを施したようなデザインが特徴で、本革でありながら強度のある素材を使用し、こちらも耐久性に優れています。
品質のよい本皮は染色しやすいのが特徴で、エピシリーズの商品は鮮やかな色やフランスらしいニュアンスの色が豊富です。
これらのシリーズ以外にも様々なデザインのものがありますが、ルイ・ヴィトンはデザインは品質に丈夫さを併せ持ったブランドといえるでしょう。このブランドに人気のある年齢層は、40歳台が中心になると言われています。
バブル期などにこのブランドのバックや財布などが大流行し、その品質の高さを知ったことからずっと使い続けている、というのが主な理由です。
価格的に、若い年齢層には手が出しにくいのも高年齢層に支持されている原因かもしれません。

ヴィトンを高く売りたいなら

最近では、状態が良くまだまだ使える中古のブランド商品を専門業者に売って、そのお金で新しい商品を購入する人が多く見られるようになりました。さまざまなメーカーで製造されたブランド品がありますが、それらの中でも特に高い人気と話題を集めているのが、ルイヴィトンのモノグラムなのです。
ルイヴィトンは、伝統的なきめ細かい縫製と頑丈な牛革素材、上品なモノグラムが特徴で、若い学生から高齢者まであらゆる世代の男女から親しまれる存在となっています。
できるだけヴィトンを高く売りたい人々の間で支持を受けているのが、ブランドファンです。
ブランドファンでは、お客様の立場に立って可能な限り高値でバッグや財布、キーケースなどを買い取るよう努力を重ねています。
バッグの型くずれや小傷、シミやヨレなどの状態を十分に把握した上で最大限の誠意を持って対応しているのです。専門の知識やスキルを身につけた鑑定士が正確かつ親身になって相談にも対応していますので、安心して任せられる点も魅力です。

このように、ヴィトンをできるだけ高く売りたいなら、質の高いスタッフと温かみのある接客が特徴のブランドファンが安心といえます。
他の専門業者と比較しても高値で買取をしてくれる非常に優れたお店です。

ヴィトンの財布の中古相場

ヴィトンの財布の中古相場は金額的にも幅が広いですが、3万円から10万円近い金額でしょう。
購入価格はそれくらいでも、ブランド物の買取店での買取査定では、もっと低い買取金額相場を想定しておくことです。
世界で通用をする添加のヴィトンですから、ブランドとしても価値は一流です。
ですが世界のトップブランドだとしても、ブランドショップで購入をして手にしたその瞬間から、既にそのブランド品は、中古の扱いに入ります。
あっけないようですが、それが商品の定めでもあります。そして数十万円もした人気ブランドの財布だとしても、手放すときは思うよりもずっと低い金額で取引がされます。

ヴィトンの財布にしても、どれくらい使い込んでいるか、状態はどうか、製品として古いか新しいかでも価値は変わります。扱いが丁寧ではなく、擦れや傷などがあって汚れも付着していれば、値段はそれだけ下がります。
少しでも買取金額を高くしたいなら、自宅で出来る限りでキレイにしておくことです。
また、購入をしたときの、保証書やケース、ヴィトンのロゴが入った袋などもすべて用意をしましょう。
ブランド物は、そのロゴこそが価値になるので、ロゴの入ったリボンまで捨ててはダメです。

ヴィトンのバッグを高く売るなら

数多くある人気ブランドの中でも、特にブランドファンからの支持が厚いのが、ヴィトンのバッグです。
ヴィトンのバッグはブランド品の代名詞ともいえる存在で、ブランドファンのみならずオシャレ好きの多くの人に愛用されていますが、ニーズが高いだけに、買取業者に持ち込むことで高く売ることもできます。

とはいえ、大切なヴィトンのバッグを可能な限りの高値で売る為には、コツを知っておくことが大切です。
20年や30年前といった古いものでも十分に価値のあるヴィトンのバッグですが、当然ながら保存状態によって査定額は大きく変化します。
皮の色焼けや擦れ、型崩れいった目立つ劣化はもちろん、タバコや香水などによる臭いの付着も査定額に影響してきます。

完全に防ぐことが難しい経年劣化と違い、臭いは使い方次第で防ぐことができるので、高く売る為に注意するようにしましょう。
また、綺麗な状態で査定に持ち込みたいからといって、市販のクリーナーを使用することはおすすめできません。

強力なクリーナーを使ってしまうと、逆に品質を損ねてしまう恐れがあるので、簡単に取れる汚れを優しく落とす程度に留めておくことがおすすめです。
そして、購入時の付属品を揃えて査定に持ち込むことも、高く売る為の重要なポイントです。
自分にとって不要な付属品であっても、売却時のことを考えてしっかりと保管しておくようにしましょう。

ヴィトンのキーケースの良さ

セレブも愛用しているヴィトンは大半がポリ塩化ビニルを用いた製品になっていますが、加工の技術が高いということも有って、ここ数年再び注目を集めるような存在となっています。中でもキーケースは持つ人の心情を第一に考慮した洗練されたデザインになっていることから、大半を占める模様についてはじっくりと鑑賞してみるという姿勢がポイントになってきます。小さなキーケースであっても高価な製品に違いがないことから、ブランド品全般については主とする素材について冷静に分析を行っていくようにする方向が重要となるわけです。

さらに雨の日であっても丈夫に持つような工夫が随所に組み込まれているため、ヴィトン全体の費用対効果を考慮すれば結果的には持っておいて得をする場面が多いというような言い方もできるようになります。
現代社会はコストパフォーマンスの部分を優先して考えるようにする行動が多いですが、キーケースであれば簡易的にプレゼントとしても贈呈することが十分可能であるので、ブランドのよさを改めて感じることができるという場合は優先的に選んでいくようにする事柄が大事になってきます。
したがって、基礎の基礎から冷静に分析する努力が重要なのです。

ヴィトンのバックの良さ

幅広い年代から人気のあるヴィトンですが、中でもバッグはとっても高性能で長年支持されています。
高級ブランドの中でも昔から定番のシリーズが人気で流行があまりありませんので昔に購入したバックも時代遅れな感じもなく持つことができます。流行りがあまり関係ないというのも良い点ですが、やはりかばんそのもののデザイン性や機能性に優れているからこそ多くの人に愛されているのでしょう。
生地がしっかりしていますので型崩れもあまりすることがなく長く愛用することができます。
汚れなどにも強いですので、普段のお手入れ以外そこまで神経質になることなく扱えるというのも良いです。そしてなんといってもブランドのステータスがありますので、カバン一つ持っているだけで全体のファッションがグッとしまって見えるというのも良いでしょう。
祖母が昔使っていたカバンを孫娘に譲るということも多いでしょう。
定番の形をもっているといろいろな楽しみ方ができます。
安価なかばんをたくさん持ってファッションを楽しむのも良いですが、ハイブランドでしかだせないコーディネイトもできますので自分へのご褒美やプレゼントに重宝されるのです。
長年使えますのでおすすめです。

ヴィトンのエピと他の違い

ルイ・ヴィトンはヴィトンという略称でも有名な、フランスの本拠を置く世界的なファッションブランドです。創業が1854年という長い歴史を持つこのブランドでは、これまでにバッグや財布などの多くのファッションアイテムにおいて、いくつものシリーズを発表してきました。その中でも1985年に登場した高級ラインのエピは、幅広い世代の女性たちから高い人気を誇っています。

エピは塩とタンニンでなめした品質の高いレザーに、縞模様のような独特の型押しを施しているのが大きな特徴です。
その型押しによる凹凸が、まるで風に流れる穂のようであることから、フランス語で麦の穂を意味する単語であるエピという名前が付けられました。ヴィトンの代表的なラインとしては、いくつかの模様がちりばめられているモノグラムが特に有名で、またその他にもチェック柄のような模様を持つダミエというラインも人気が高いのですが、エピがそれらと大きく違っているのは、色による模様が入っていないという点です。
型押し加工によって、光が当たる方向が変わると光沢の違いが出てくるため縞模様のように見えはしますが、一枚のレザー自体は一色で染色されているのです。
また素材と加工の特性から、耐水性と耐久性に優れているのも特徴です。

ヴィトンのコピーは質が悪い

世界中の女性の憧れ、ルイ・ヴィトンは同時に世界一コピー商品が多いことでも知られています。
中国を中心としたアジアを旅行をした時などにこういった商品を見たことがある人は多いでしょう。
中には本物そっくりに作って少し値段を安く設定し、いかにもお得なブランド品のように売りつける悪質なものも少なくありません。
実際、コピー商品は質の悪い物がほとんどなのですがコピー商品を誤って買わないためにも簡単に見分ける方法はあるのでしょうか?
まず、バッグのハンドル(持ち手)部分のデザインや素材があげられます。コピー品のハンドルは縫い目が均等ではなく、粗悪な皮が使われています。
本物の写真などを持っていれば、ハンドル自体のデザインが違っていたりもするのですぐにわかります。
次に内装のロゴスタンプです。

外側はそっくりでも、コピー商品は内側は粗雑なものが多く、ロゴスタンプ自体のデザインが違うものがあったりします。本物のヴィトンには製造年月日と生産国をあらわすシリアルコードが入っています。
上部の2文字は生産国を示し、番号であるコードは製造年とその何週目に生産されたものかを表しています。
コピー商品はこの法則がまったくわかっていない状態で適当に打たれたりしている物がが多いのですぐにわかります。中にはシリアルコードが曲がって刻印されていたりします。
質の悪いコピー商品を買うことは結局お金を無駄使いしているだけなのです。

ヴィトンの時計の種類や違い

有名なヴィトン製品の共通項としては、誰が見ても偽物だと分かるような点をあらかじめ指摘しているという大きな特徴が見られるようになっています。
時計については特別な人への記念日に贈呈するような機会も多いことから、本物の質の高さを存分に発揮できるような工夫を随所にしているといった内容が見られます。
またヴィトンのロゴについてもひとつひとつ吟味するレベルの高さがファンを惹きつけるようになっているため、縦棒や横棒の比率やレタリング等を慎重にバイヤーは見定めていく行動が不可欠となります。
世界中には模倣品が出回るという内容も報告されていますが、ブランドの魅力を前面に押し出すようにすることで、時計の扱い方についても正しい目線で向き合っていくことが十分可能になっていくようになるのです。

これまで語ってきた内容を冷静に振り返っていくようにすれば、製造番号ごとの本物であるかどうかの真偽や長い期間継続して持つことができる喜びに触れるという側面にも介入することが可能になるので、これからの展望についてよい兆しが出ていくものになるわけです。
ちなみにヴィトンの時計は財布と同様に、世界的なヒット作として後世にも語り継がれています。

ヴィトンにはトートバッグもあります。

世界中で親しまれているのルイヴィトンは知名度も高く、気品のあるデザインと上質な素材で絶大な人気を誇っています。
ヴィトンにはさまざまな種類や大きさのバッグがあり、品揃えも豊富な点が大きな特徴の一つとなっているのです。
中でも、トートバッグはビジネスにもプライベートにも幅広く活用することができ、飽きのこないデザインとして喜ばれています。

ハンドルの長さについても、短いものから長いものまで取り扱っていて、使う人の用途に応じて柔軟に対応できる点も魅力です。
型くずれしにくい丈夫な素材も人気の秘密といえます。
長い間親から子へと受け継がれることも少なくありません。
いつの時代も変わらない伝統的でありながら常に進化も続けるヴィトンは、厚い信頼を寄せられているのです。

トートバッグも用意されているヴィトンには、あらゆる性別や年代を超えて愛される要素が詰まっています。
これからも、新しい挑戦を続けながら、古き良き伝統を守り続けていく存在といえます。
小ぶりなバッグからファイルがすっぽりと収まるトートバックまで、利用者が使い勝手の良いバッグを数多く提案していくことになります。
若い世代から親世代まで多くの人々の間で圧倒的な満足度を得ているのです。

ヴィトンのダミエの人気アイテムとは

ヴィトンのダミエは流行に関係なく長く使うことができますので、購入するときは高くても、結果的にはお得ということになるでしょう。
ダミエはモノグラムと並んで人気があります。
そのダミエで人気が高いアイテムが、長財布です。
ラウンドジップ型の「ジッピーウォレット」は、女性にも男性にも人気のアイテムです。
ラウンドジップ型は使いやすいですし、安心感もありますよね。
お財布はお金のおうちなので、金運上昇を狙って高級感があるものを持ちたいという人も多いでしょう。
ダミエなら、高級感がありますし、色も落ち着いていて誰にでも似合います。
派手でも地味でもなく、一目でヴィトンのダミエだってわかりますので、ブランド品が好きな人にとっては魅力がありますよね。
財布は毎日使うものなので、傷がついたり汚れが目立ったりしまいます。
せっかく高級ブランドのお財布を買ったのに、傷がついてしまうとがっかりしてしまうでしょう。
しかし、ダミエのジッピーウォレットは、汚れにくくて丈夫なので安心です。
また、ボタンで開閉するタイプの長財布「ポルトフォイユ・サラ」も人気です。
こちらも定番なので、長く愛用することができるでしょう。
ダミエは若い人にも人気がありますので、男性へのプレゼントにもよいでしょう。

ヴィトンのモノグラムの人気アイテムとは

19世紀末に日本文化である家紋からインスパイアされて誕生したルイヴィトンのモノグラムは、現在の日本でも老若男女問わず愛されています。
そんなモノグラムラインの人気アイテムはどんなものでしょうか。

ヴィトンのモノグラムラインは現在、小物からバッグそして洋服が販売されています。
その中でも人気アイテムは財布です。
初めて手にするブランドがヴィトンモノグラムの財布だったという方も多いのではないのでしょうか。
種類も長財布、二つ折り、小銭入れとデザインが豊富なのでライフスタイルにあった財布が選べます。
財布を手にしたら次はやはりバッグも気になります。
こちらもショルダー、ボストン、ポシェット、ハンドバッグと種類が豊富です。
元々は世界初のトランクを制作したところから始まったブランドですから旅行カバンも耐久性の良さから人気があります。
タウンで使うならショルダーバッグやボストンバッグが使い勝手がよくおすすめです。
ショルダーバッグではショッピングバッグのように気軽に使えるものが3サイズから選べ人気があります。
ボストンバッグは4サイズが発売されているのでサイズ違いで手に入れて用途に合わせて使いこなしてみてはいかがでしょうか。

ヴィトンのヴェルニとは

フランスのファッションブランドのルイ・ヴィトンといえば、知らない人はいないと言っても過言ではありません。
ハイセンスなデザインと1854年の設立以来受け継がれてきた伝統の技術が相まって、完成度の高さは他のブランドをしのいでいます。
ヴィトンのバッグや財布は一生物として選ばれるベーシックなシリーズがありますが、新しい感覚を取り入れることにも積極的です。
その一つがヴェルニと呼ばれるシリーズです。
ヴェルニとはフランス語でエナメルという意味があります。
カーフスキンにルイ・ヴィトンのロゴを型押しし、ソフトエナメル加工を施したものがヴェルニラインです。
様々な色合いがありますが、エナメル加工により鮮やかな光沢が加わり、バッグや財布がジュエリーのような存在感を持つようになりました。
初登場したのは1998年と新しいラインですが、各方面で注目を浴び人気のシリーズとなっています。

ヴェルニを使用する時は、エナメル素材ということを念頭において丁寧に扱うことが大切です。
湿気に弱いことと、直射日光や蛍光灯の光で色焼けしてしまうことがあるので、保管場所に気をつけることがポイントです。
専用のお手入れグッズを使ってまめにケアすれば、長く美しい状態を保つことができます。

ヴィトンのカードケースを使うシチュエーション

ヴィトンのカードケースは、海外ではビジネスシーンでも一般的に使用されています。
その為、基本的には通常のカードケースと同じように使用されるものですが、日本ではどうしてもヴィトンは成金のイメージを持つ人も少なく有りません。
その為、相手や場所に応じて使い分ける配慮が必要です。
例えば、パーティーなどで不特定多数の人と合う場合などは、ヴィトンのカードケースは映えるものです。
また、さまざまな人と会うことができるため、自分のステータスを表現する意味に於いても、あまり違和感が無く使えるものです。
しかし、商談などでお客様の前で使用するのは、その柄を選ぶことが必要です。
一目でヴィトンとわかる様なものは避けた方が良いでしょう。
相手によっては、非常に不快な思いを抱く人も少なくありません。
商談の場合には相手に不快な思いをさせてしまってはなりません。
あくまでも相手に良い印象を与えることが大切です。
その為、少し控えめの物を使用するのが効果的です。

ヴィトンのカードケースは非常に堅牢で、また使い勝手も非常に良い為一度使用したらなかなか手放せないものです。
その為様々なシチュエーションで使用したくなるものですが、相手の印象も十分に考慮し、上手に使い分けることが大切です。

ヴィトンの新作2016のご案内

2016年度のルイヴィトン(LOUIS VUITTON)新作春夏コレクションがパリで開催されました。
全体的に東南アジアやアイビーリーグなどさまざまなテイストを織り交ぜた様子に仕上がりました。
ルイヴィトンの、ファッションは異文化や多くの異なる人種を映す言語という考えからさまざまな相違点ではなくむしろ共通点のほうに焦点を当てました。
最初のモデルは、ブルゾンに鳥の刺繍が入ったアイテムに、アジア風の柄はコレクションの大きなテーマです。
また、スポーツウェアはタイ国ラフ族の伝統衣装に大きな影響を受けていたり、ベースボールトップはアメリカ風など異なる文化に融合させたテーマが主流で、非常にグローバルな色合いがす目立ちました。
そして、シルクを織り交ぜたデニムは光沢を放つ仕上がりになり、青いカモフラージュ柄は「ブラッシュ ストローク」という今までにない模様が使われて、非常に斬新な仕上がりとなっています。
もちろん、ルイヴィトンを代表するエピやタイガ、モノグラムキャンバスなどの素材も数多く登場しました。
とくにアイビーリーグから大きな影響を受けた、ストライプはスカーフやスポーティジャケット、バッグなど数多くのアイテムを非常に伝統的なルックスに仕上げています。

ヴィトンのタイガとは

ヴィトンは、愛用者にも長年愛されている人気のブランドです。
タイガは、素材がとても丈夫な特徴があります。
耐久性があることでも知られていて、長く持ち歩くことができることから、男性が持ち歩く財布の中でも人気のシリーズです。
ヴィトンなら、タイガを持っている男性に憧れる女性も多い傾向にあります。
タイガは、牛革なので、普通のレザーよりも丈夫にできているのが特徴です。
カバンに入れて持ち歩くのが一般的です。
特に30歳を超えた男性には、デザイン性からもタイガが人気で、耐久性も重視されているのが理由のひとつです。
会社員で、ビジネス使用として持ち歩くのに向いているのもタイガの特徴です。
スマートでスタイリッシュなデザインで、素材が丈夫な面でも、ビジネスマンの方であれば、タイガを選ぶ傾向が高いです。
使う用途や、シーンに合わせて、好みのデザインを選ぶことが大切です。
タイガは、男性のヴィトンシリーズの中でも、さりげなさを演出しているデザイン性もあり、長年の愛用者も多くいます。
型押し加工されているので、傷が目立ちにくいのも特徴です。
良いものを長く使うことは、その人の人柄も出ると言われています。
財布は人前に出す機会も多いので、長く愛用できるものを選ぶことも大切です。

ヴィトンはメンズにも人気です

世界中の人々に長く愛され続けているトップブランド、ルイ・ヴィトン。

女性もののバッグや財布などが印象的ではありますが、メンズ専用のバッグなども充実しています。

ルイ・ヴィトンを愛する男性たちの注目の的でもある、メンズ商品をいくつかご紹介します。

お勧めしたいのがバッグです。
ショルダーバッグは、男性でも持ちやすいデザインであることと、両手が自由に使える為人気があります。
メンズらしいダークなカラーがかっこ良く、ヴィトン特有の市松模様も健在です。
ビジネスバッグとしても十分使用で出来るクールでスタイリッシュなデザインが街中の人々の目を引きます。
近頃人気が出ているリュックタイプもあり、ヴィトンらしいカラーとデザインが素敵です。
男性がルイ・ヴィトンのバッグを使用することで、スーツ姿の場合はラグジュアリーな雰囲気に、カジュアルなパンツスタイルの場合は、ぐっと高貴な印象に変わっていきます。
一点プラスするだけでがらっとファッションの格が変わっていく、それがルイ・ヴィトンの力なのですね。
メンズにもレディースにも大人気のブランド、ルイ・ヴィトン。
あなたもちょっと背伸びをする感覚で、日々のファッションに取り入れてみませんか。

ヴィトン買取に関する知識コラム・ブログ

プライバシーポリシー

株式会社fun(以下「弊社」という)は、個人情報保護の重要性を認識し、法令遵守し、最善の注意を払ってお客様の個人情報(氏名、住所、生年月日、電話番号、その他の固有情報)を保護することが社会的責務であると考え、お客様に安心し、当サービスを利用して頂けるようにプライバシーポリシーを定め、それに従い、厳重に取り扱ってまいります。
1.個人情報の取得
当ウェブサイトのご利用に際し、アンケートなどよりよいサービスのご提供を続けるために、 個人情報を収集することがございます。収集する個人情報の範囲は、収集の目的を達成するための必要最低限とし、取り扱いにあたっては個人情報保護に関する関係法令、および社内諸規定などを遵守します。
2.個人情報の保護・管理について
弊社が収集したお客様の個人情報については、適切な管理を行い、紛失・破壊・改ざん・不正アクセス・漏洩などの防止に努めます。取得したお客様の個人情報について、お客様の同意なく開示することはございません。 また、弊社サイトへのアクセスにより、他のお客様が個人情報を閲覧されることはございません。
3.個人情報の利用について
4. 個人情報の第三者への開示について
弊社はお客様からご提供頂きました個人情報は、以下のいずれかに該当する場合を除き、如何なる第三者にも開示致しません。
お客様の同意がある場合、法令等により、関係機関より開示を求められた場合、個人情報に関する機密保持契約を締結している業務委託会社に対して、お客様に開示した利用目的の達成に必要な範囲で個人情報の取り扱いを委託する場合。
5.Cookiesについて
弊社はサイトの利用状況を追跡する目的のためにクッキーを利用いたします。クッキーとはウェブサーバーから送られ、利用者各位のコンピューターのハードディスク上に記録させている一連の短いデータの事をいいます。クッキーを利用することでお客様により高品質で関係が深い情報を提供することができます。クッキーを受け付けたお客様は、その都度パスワードを入力せずにサイトのパスワードが必要なページにアクセスできます。弊社はクッキーをお客様の個人情報に準じて取り扱います。多くのブラウザはクッキーをハードディスクから消去、すべてのクッキーの受け付け拒否およびクッキーを受け付ける前に警告を発信する機能を有しております。ブラウザのマニュアルやヘルプページをご覧になり、これらの機能の使い方について確認くださいませ。お客様のブラウザがクッキーを受け付けない場合には弊社サイトの一部画面や機能が使用できない場合があります。
6. 個人情報の変更・修正について
お客様の個人情報の取得、範囲、利用目的等に変更が発生した場合は、Webサイト上で掲示を行い、最新の情報をお知らせいたします。 弊社は、お客様から、ご自身の個人情報の開示、訂正、利用停止などのお申し出があった場合、速やかに対応致します。

ヴィトン買取のご利用規約

ブランドファンの買取業務につきましては古物営業法に基づき運営致しております。 買取に際しては、お手数ですが以下の内容をご理解・ご確認の上お願い致します。 また株式会社fun(以下「当社」)が本サイトで提供するすべてのサービス(以下、「本サービス」)をご利用の際は規約を了承したものとみなします。
第1条
本規約は、当社と、商品をお売りいただくお客様との間で、お取引するにあたり、当事者間の権利義務関係を明確にすることを目的とします。
第2条(取引の前提)
第3条: (本人確認について)
第4条:(20歳未満のお客様について)
20歳未満の方は、お客様は宅配キットに同梱される査定申込書に保護者のサインと印鑑を頂くことを前提にお取引させていただきます。
第5条: (査定について)
第6条:(買取成立後の商品の返品について)
一旦買取が成立したものについては商品の所有権は当社に移転し、お客様のいかなる都合による場合でも商品の返品をすることはできません。
第7条: (送料について)
第8条: (当社の責任範囲)

ヴィトン買取のbrandfun 会社概要

会社概要 株式会社fun
運営責任者 宮本 亮直
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目12番17号錦光ビル4F
事業内容 インターネット上での通信取引
古物商許可証 第303321208433号/東京都公安委員会

各モデル別豆知識

PAGE TOP